スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dパネル作ったよ。

先日、富士フィルムの立体写真を紹介しましたが、似たようなものを作ってくれるところを
広島で発見しました。

アールボックス

この会社。ポスターとかを作ってるところです。
なぜかサイトには書かれていませんが、レンチキュラー印刷で立体写真を作ってくれます。
で、ここではA1サイズとかやたらでかいのも作ってくれます。

A1だとでかすぎて値段も結構高いので、今回はA4サイズを一枚頼みました。
今度のコミケでの値札にしようと思いまして。

先日富士フィルム用に作ったものに値段を追加してレンダリング。
今回のやつは実に24枚もの画像を使っています。2倍。
その分滑らかに遠近感が表現されてます。

一応写真撮った。
3Dパネル

写真ではこの立体感はわかりませんね。両目で見ないと。
今回のやつだと後ろの神社で立体感がはっきりわかります。
コミケで見てみてください。
立体感を重要視したので画質自体はさほどよくありません。ちょっとドットっぽく見えます。

お値段なんですが、今回安くしてもらったけど、本来これ一枚で15000円なんですよね。
ただし二枚目以降は材料費だけなので安くなります。・・・それでも4000円近いけど。
もう二度とやらない気がします・・・・。

一緒に写ってるのはもちろん今回の新作DVDな。
いつの間にかコミケまであと数日。楽しみです。
制作中の動画もipadで持っていく予定なり。

それではよろしくお願いします。
スポンサーサイト

立体写真作ったよ!富士フィルム 3DCGプリントサービス。

立体視が好きで、また新しいもの見つけたら試してみました。


富士フィルム 3DCGプリント


正式な名前は知らないけど、角度変えたら奥行きが見えるカードやポスターがありますよね。
あれを3DCGから作ってくれるサービスです。

微妙にカメラの位置を変えてレンダリングした12枚のCGを使って
1枚の立体写真を作ります。

カメラ配置


今回、こんな感じにカメラを12箇所に配置して、それぞれレンダリングします。

立体写真用ななみ

で、これができる。これを送ったら一枚の立体写真にしてくれます。


今回だと月曜に申し込んで土曜に届きました。
立体に見えて質もよかったです。しかし問題なのはCGのほう。
上記のカメラ配置だと位置が変わりすぎたみたいで視差がある部分はだいぶぼけました。
キャラのつま先、背後の神社などです。もうちょっとカメラの移動量を減らさないとだめかなー。
かといって移動量が少なすぎると視差が減るから立体に見えない。
そのあたりのさじ加減はちと難しいところです。

あとこれも作った。こっちはまだ視差が少ないからボケが少なかった。

立体写真用うさぎ

そして出来上がったのがこちら。
まあ立体ものを写真で撮ってもよくわからんのですが。
ちょっと実際のデータよりも暗め、色も薄めになります。あと光が透ける。
そして上で書いたように、背景がぼけすぎた。
うさぎのほうは悪くなかったけど、手前のテープがぼけた。
視差が大きいとそれだけぼけます。
再度調整してもう一回頼んでみるかな。
立体写真3

個人的には気に入ったのですが、需要は少なそうなサービスです。
3DCGが作れる人は試してみるといいかもしれません。
一応原理的には写真でもできるけど、きっちり移動させることができないだろうから、
無理でしょう。

それと。
最近ついにニンテンドー3DSを購入、立体視動画を作り出しました。
こちらもなかなか難しい。

なんかキャラがぼけるんですよね。背景はうまくいってるみたいなんだけど。
なにがいけないんだろう・・・。カメラが近すぎるか?

過去に試したものがありますので、こちらを参照。


ニンテンドー3DS用立体視動画


この冬のコミケに参加します。
三日目31日 月曜日 西地区 "し" ブロック 05b になります。
よろしくお願いします。

ニンテンドー3DS用立体視動画

立体視動画の再生プレイヤーとして期待してたニンテンドー3DS。
でも画像はともかく、動画再生は出来ないと知って興味なくしてたんですが、
最近出来るようになったらしい(要本体更新)。それでちょっと試してみました。

使う動画はこれ。以前から作りたいとは思ってたけど、
今回、レンダリング中の暇つぶしをかねてモーションを作りました。
ボーン動かすくらいならレンダリング中でも可能なので。
[広告] VPS

指を動かしたり視線の設定、細かい調整はしてません。
不自然な部分も多々あるけどまあいいや。
効果音も適当。

これを400x240(3DSの解像度)、かつ右目用と左目用の二つレンダリングします。
単に位置をずらしたカメラを二つ作ってレンダリングするだけですが、どのくらいずらす
かで立体の効果が変わります。今回は7cmで設定。人間の目は大体6cm程度離れてるとのこと
なので少しだけ立体効果を強めにしました。

その後ステレオムービーメーカーで読み込みます。あとはすぐ3D-AVI形式で書き出すだけ。
ステレオムービーメーカーでは何も設定してません。
なお、書き出すときの解像度は400x240で。画質は自由に。
書き出したあとは秒間20コマの動画になる模様。30で作っているんだけど。
ステレオムービーメーカー公式サイト
ただし、使用したのはβ版。β版じゃないと3DS用の解像度、400x240の設定がありません。
作者ツイッターでは公開されてたけど、公式サイトにないからとりあえずリンクはなし。
作者の許可が得られればβ版へリンクしようと思います。

書き出したファイルがこちら。Axfc UpLoaderを使用しています(容量13M)。
ニンテンドー3DS用立体視動画
このファイルを3DSの写真(DCIM)フォルダに入れます。
3DSのデータはSDカードに保存されていますが、カードリーダーなどでパソコンとつなぎ、
データを転送してください。そうしたら再生できる・・・んじゃないかな。
ニンテンドー3DSは持ってないので、そのあたりはよく分かりません。
一応友人には確認してもらったけど。

どうですかね。立体に見えますか。俯瞰部分はそんなに見えないと思うけど、
アップになるカットとかは結構見えるのでは・・・。

余談ながら立体視動画の再生のことを知ったきっかけはこの動画。
第8回MMD杯の参加作品です。

立体視動画の再生が可能と知らなかったので、合成なのかと思ってました。
めちゃくちゃレベルたけえ!とか思ったんだけど、
マイリスト見たらMMDで立体視動画つくる方法を解説してました。

UFOちゃん立体出力

UFO立体出力

UFOちゃんと立体出力してみた。ちょっと使い道を考えてたのだが、それもボツになり、
単に出力しただけになっちゃった。まあいいや。

 今回は強度が必要だったため、いつものワックスっぽいものではなく、
プラスチックでコーティングしてあります。それでつやつやに。
大きさは高さ6cm程度の小さいもののためアップで見ると表面の粗が目立ちます。
プラスチップのつやつやで粗の表現力もさらにアップ。むう。
自分で塗装できるなら、表面がきれいな光造詣がいいのだが・・・。

Zprinterがもうちょっとバージョンアップしないものかな。

出力はアイジェットさん。最近はいくつか出力サービスしてるところがあるけど、
ここしか使ってないです。

立体視

ようやく試せた。実写合成+立体視。
http://3dcg-yotuba.com/uploader/src/up0191.wmv

ためしに買ってみるには高いので忘れてたFinePixReal3D。
サンプル動画が手に入ったのでテストしてみました。
モニターサイズにもよるけど、少しウィンドウを小さくしたほうが見やすいかも。
自分では立体的に見えてるような気がするけどどうだろう。

単に立体を楽しむというなら十分だけど、合成には少々画質が悪いかなと言う感想。
マスク作る境界線がわかりずらいなー。
何カットか作ってまとめてニコ動にアップしたいが、そのためだけにカメラを買いたくない
ですね。むう。


元動画は以下のページにあるものを使っています。
ttp://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20090826_310633.html
zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。