スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Embree - Photo-Realistic Ray Tracing Kernels

インテルが今のCPUに合わせたレイトレースプログラムを公開してます。

インテルembeeページ

見ても全然わからんけど。とにかくソースコードが公開されています。

そして、そのコードを使ったVray用のプラグインがChaosGroupのサイトで公開されました。
使い方自体は簡単なのでさっそく試す、以下の静止画でレンダリング時間を計ってみました。

で、これレンダリングしてみた。
ディスプレイスとファー、被写界深度の計算には効果がないということなので、カット。
embeeテスト

多少重めの設定をしてあるけど、これでテスト。
通常のレンダリング時間がが4:24、embeeを使うと3:21。かなり違いがあります。

通常使用している倍精度小数点を単精度に変えているそうです。要するに精度を犠牲にして速度を
稼いでいるらしい。でも自分でテストした範囲ではいずれも問題なかったです。
大きなシーンの小さいオブジェクトなんかをレンダリングするときに問題が発生しやすいとのことですが。

なんにせよ面倒なことをせずこれだけ速度が上がるのはうれしいですね。
AVX搭載CPUだともう少し早くなるとか。Sandy Bridge 世代以降に搭載されています。
うちはだめだなー。ち。

スポンサーサイト

123D catchを試してみた。

写真撮影だけでモデリングを行うソフトが公開されました。
オートデスクの123D catchです。なんと無料。
簡単に出来るので実際に試してみました。概要は以下の動画で。



公開されているのはパソコン版とipad版。
デジカメで撮影したものはパソコン版で取り込みます。ipad版だとipadで3撮影したものは
自動で処理されます。実際の処理はサーバー側で行うのでネット環境必須です。クラウドらしい。
ipadで作ったファイルもパソコンで読めます。補正処理なんかはパソコン版で行います。後述。

まずは対象物をいろんな角度から撮影します。360度ぐるっと。あと上下も撮影できるなら
してみてもいいかも。1オブジェクトにつき最大40枚まで使用できます。
その後アプリを起動。

パソコン版でやってみます。まずは起動直後の画面。基本的なメニューは左の三つ。
Create a New captureを選びます。
123Dタイトル

その前にログイン画面。オートデスクに登録しておく必要があります。
ログイン

ログイン後、撮影した写真を選び、開くボタンで次の画面になります。
プロジェクト作成

その後Create Projectを選びます。そして出てくるのがプロジェクト名の設定。
Capture name が プロジェクト名。
E-mail は自動で登録時のものが入っています。
TagsおよびDescriptionは自由に。このあたりはニコ動と大体同じ。
categoryも悩むところではないかと。
設定したらwaitボタンを押します。
プロジェクト名

この処理をサーバー側で行っています。これはパソコン版も同様。
処理中

少々時間がかかりますが、成功したら3Dモデルが表示されます。
上部にカメラアングルなどのツールバーが出ていますが、それでくるくる回せます。
下には撮影した写真がならんでいます。この靴は3D化成功していますが、写真一覧を見ると、
暗くなっている写真があります。これは認識に失敗した写真です。
今回の場合ほかのものは全部認識しているので、一枚が失敗したところで問題はないのですが、
たくさんの写真が失敗しているとそれだけ精度が下がることになります。
パソコン版アプリだとこれを手動で設定することが出来ます。
暗い写真をダブルクリックします。
作業画面

この画面が出ます。左が失敗した写真、右の二つがほかの写真にあります。
ここでの作業方法は下に書いてありますが、左の写真内で、右の写真に写っている共通のポイント
を選択します。その後右の写真でも同じポイントを選択します(緑の丸)。
三つとも認識できたら黄色から緑になり、画面右下のマーカーが一つ緑に点灯します。
同じことを繰り返して4つとも点灯させることができたらsubmitボタンを押します。
すると再度サーバーでの処理を開始。処理が終わったら先ほどよりは精度が上がっていると思います。たぶん。
修正画面

これを繰り返してより精度を高めていきます。作ったモデルはFBXなどの形式で書き出せます。
書き出したファイルは3Dスキャナーで取り込んだオブジェクトみたいにぐちゃぐちゃなポリゴン
なのでリトポしないとまともに使えないと思います。置物として使うならこれでもいいけど。

今回、この動画を作るにあたって何度も試しましたが、なかなか面白いです。
ただ、作業は簡単だけど、写真撮影に関しては多少知識が要るかも。
背景がごちゃごちゃしたところは不向きです。また対象物とはっきり区別できる色であることが望ましいです。
白壁の部屋ではキュゥべえは成功しませんでした。
修正作業をやればわかりますが、特徴点がないオブジェクトも成功しません。
まるっこいキュゥべえや、キーポンなんかは難しいです。
ガラス物も難しいですね。
白とびや黒つぶれも極力ないようにしたほうがいいです。認識しやすさも違いますが、
撮った写真がそのままテクスチャーになるので綺麗なほうが望ましいです。
私はipadでやりましたが、デジカメでより高解像度でやったほうが成功しやすいかもしれません。
細かいポイントが取れるし、テクスチャーも綺麗になるし。
想像ではありますが、極力ズームにして遠近感が出ないようにしたほうが成功しやすいかもしれません。
レンズもゆがみもな。

処理をサーバーで行うため、通信時間?が長いのがちょっと欠点ですかね。
マーカー四つ設定したあとの処理時間待ちが面倒。あと、なんか認識しなかった写真を
手動で認識させてもあんまり変わらんきがする・・・。待ち時間で作業時間が長くなることを
考えると、さっさと写真取り直したほうがよい気がします。

いずれにせよ無料なので試してみても面白いかと思います。

セル画調

[広告] VPS


動かしてみた。アニメの動きは難しいです。いや、経験が無いからってだけと思いたいが。
最近アニメを一こまずつ見たりするけど、1コマおきだったり2コマだったりで、コマを落として
動きを表現している。これはある程度なれないと難しいだろうなあ。

あと髪の動きはどうやろう・・・。
zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。