スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格闘ゲームに声入れてもらった。

以前からちょっとずつ作って格闘ゲームに声入れてもらった。
うちの学校の声優科の生徒さん。声優科ができたおかげでこういうの頼みやすくなってありがたい。

このキャラ「波動拳!」とか「昇竜拳!」といった名前を叫ぶ技がないから、
掛け声ばっかりになってるのが残念。なんか考えねば。

あと、声そのものにはなんら不満はないけど、こっちがちゃんと演技指導しなかったから
ちょっと技と合ってない部分がいくつか。このセリフはもっと短く、とか、末尾は下げて、
みたいなことちゃんと言わないといけなかったのに、正直そこまで考えてなかった。
今度全部セリフが決まったら改めて撮り直させてもらおう。

[広告] VPS



 なんかキャラが動くのが面白いので、思いついた技どんどん入れてたら
どんどん支離滅裂に。八極拳の使い手はドロップキックやらスライディングはやらんだろう。
回し蹴りやかかと落としもそうだけど。
 また遠距離パンチが二つあったり意味不明。
そうそう、この動画、実は秒間60コマの動画だったりするので動きが滑らか。
いつもは30コマ。60コマのキャプチャーができたから試してみた。
その分容量でかいからFC2サーバーだと遅いかもしれんが。

そんだけ。

スポンサーサイト

Vray3.0ベータテスト始めた。

普段、メインに使っている3dsmaxのVrayがバージョンアップします。
今回で3.0になりますが、ベータテストが始まりました。それで早速触ってみることにします。
なお、環境はXeonE5450,3Ghz のデュアルCPUマシン。メモリは32G積んでいます。
NUMA設定にはしてないようです(よくわからんけど)。
Vray3.0を入れたのは3dsmax2012、従来のVray2.4は3dsmax2014になります。
3.0いれたら2.4が消えたためこんな感じになってます。まあmaxの違いはあんまり関係ないと思いますけど。

レンダリング速度の向上
一番気になってたのがこれです。
intelがレイトレース用に新しいカーネルを無料公開していまして、それを新しく取り入れた
レンダリングエンジンになりました。スニークスピークでは著しいときは
2.66倍になったと発表されています。で自分で試したのがこれ。

Vray3.0テスト

2.4だと18:30のレンダリング時間が11:26にまで短縮されています。
BruteForceのみでのレンダリングです。
Sandy Bridge以降のCPUの場合、AVX拡張機能が使用されさらに速度が上がるそうです。

最終レンダリングなしのイラディアンスマップ計算のみだと3:50から2:14に。
やはり高速化されてます。一方lightcacheのみだとほとんど変わりませんでした。

・・・maxwellRenderのときに最大6倍アップ!のときにほとんど変わらなかった
経験があるだけになんかうれしいですね。

あと地味ながら便利な機能向上。
レンダリング時のバケットサイズが自動で縮小されていきます。
バケットサイズ
まだ64x64での計算中ですが、一部より小さいバケットが出ています。
これで多コアCPU使用時に、先に計算終わって残りのバケットの計算が終わるのを待ってる
何もしていないコアがなくなることになります。
より効率的にCPU使えてうれしいですね。

もう一つ選択オブジェクトのみのレンダリング。
そのまんま、選択したオブジェクトのみをレンダリングします。
たとえばキャラが画面右から左に駆け抜けていく動画を作ったとします。
従来なら、キャラが右いるときも左のほうも一応レンダリングすることになります。
このとき、何もない場合でも少しは時間がかかるんです。それがなくなる。
場合によっては結構な時間が稼げます。

とりあえず今気がついたのはこんな感じ。
まだ搭載されていない機能や使い方が不明なパラメータなどいろいろあるので、
ちょっとずつ試していこうと思います。

今のところバグには遭遇してないです。
zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。