スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vray2.0触ってみた。

Vraylogo
Vray2.0のベータ版が使用可能になったのでさっそく遊んでみました。
ロゴが1.5のままなのが気になりましたが、バージョン表示はVer2.00.01になってます。

Vray2レンズ

機能リストを見ていくつか触ってみましたが、すぐ効果が分かるのがレンズエフェクトくらい。
ブルームとグレアができました。フォトショップでできるから別にいいかなというのが感想。
一応レンズにあわせた効果がでるようですけど。

MAX標準の露出制御のところにVrayPhysicalCameraの機能が追加されたのがうれしいですね。
できることは一緒のようですが、標準カメラでも同じ機能が使用できるようになりました。便利。

V-Ray VFBもいろいろ機能が追加されてました。今まで使わなかったけど、今後使うかも。

VRayDistanceTexはほしかった機能だけど、うまく動作せず。別にエラーとかじゃなくて、単に
使いかたが分からなかっただけっぽい。単純に使えばVrayDirtと同じような機能になるはずなんだが。

VRayCarPatintMtl
VRayCarPaintMtlマテリアルは分かりやすいけど今のところ興味なし。とりあえずダブルラリアットの時の
データに適用してみた。ピンクアパッチの周りをくるくる回っていた車です。
ボンネットのハイライトの出方が変わった。ラメ効果もあるからパール塗装もできるみたいです。

VRayMtlで分光をサポート。波長に基づいたレイトレーシングのサポート
偏りのない(アンバイアス)ライティングソリューション用に双方向パストレーシングをサポート
このあたりは非常に興味深いのだが、使い方分からず。面白そうなのに。どんな機能なのかも
分からんけど。

VRayDistanceTexテクスチャー。「オブジェクトの形」自体を3Dテクスチャーとして利用できます。オブジェクトの周辺を3次元的的にマスクとして使ったり、ボリュームフォグと組みあわせ使ったり、多目的に利用できます。
・・・意味不明です。

レンダリング速度に関してはレンズ効果のキャラ絵で試したところ、
Max2008-Vray2.0で11:58、Max2009のVray1.5SP5で11:14でした。ちょっと遅くなってるけど、
誤差範囲かな?一つのMAXに別バージョンは同居できないので、2008と2009で試しました。

個人的に1.5SP6程度のバージョンアップかなと思いました。
それぞれ使いかたが分かればすごい機能だったりするのかもしれませんが。
最近同一メンタレファイルを2008と2010で試したのですが、レンダリング速度が
2倍以上速くなっていたのに驚きました。それに比べて残念かも。

まあ2005年に購入して以来、ちょこちょこ機能アップしていったのに一度も有料にならなかったので、
この程度なら特に文句もないですけど。初期に比べるとかなりよくなってるし。

ベータ版をちょっとだけ触ってみた感想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。