Embree - Photo-Realistic Ray Tracing Kernels

インテルが今のCPUに合わせたレイトレースプログラムを公開してます。

インテルembeeページ

見ても全然わからんけど。とにかくソースコードが公開されています。

そして、そのコードを使ったVray用のプラグインがChaosGroupのサイトで公開されました。
使い方自体は簡単なのでさっそく試す、以下の静止画でレンダリング時間を計ってみました。

で、これレンダリングしてみた。
ディスプレイスとファー、被写界深度の計算には効果がないということなので、カット。
embeeテスト

多少重めの設定をしてあるけど、これでテスト。
通常のレンダリング時間がが4:24、embeeを使うと3:21。かなり違いがあります。

通常使用している倍精度小数点を単精度に変えているそうです。要するに精度を犠牲にして速度を
稼いでいるらしい。でも自分でテストした範囲ではいずれも問題なかったです。
大きなシーンの小さいオブジェクトなんかをレンダリングするときに問題が発生しやすいとのことですが。

なんにせよ面倒なことをせずこれだけ速度が上がるのはうれしいですね。
AVX搭載CPUだともう少し早くなるとか。Sandy Bridge 世代以降に搭載されています。
うちはだめだなー。ち。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード