スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

qumalionを使ってみたよ。

qumalionの先行プレビューをやったのでそれのレポートを。

まずはこの動画を参照。
[広告] VPS


案外大きいですな。
関節が柔らかく動かしやすい。適当にがちゃがちゃ動かしつつ、あ、このポーズいいんじゃない?
とか考える用途には便利といえる。3D知らない人が直感的に扱えるという点は大きいと思う。
反面、スタンドは必須。動画でさまざまなポーズとってるけど、自立させるは結構難しい。
ひざとか自重を支えられないやわらかさなので。

間接の稼動範囲はかなり広い。人間の範囲をかなりカバーできてると思います。たいていの
ポーズは取れるのでは。細かい点ではあるが、肩が動かないのはちょっとがっかり。
イラストを描く際に肩の参考にしたかったけど・・・。あと意外にも足首の前後の動きがない。
なぜか挫いた時のような横には動くんだけど。
それと配線むき出しはちと怖いですね。ひっかけそう。メカニカルで好きではあるが。

デザインがかっこいいのでフィギュアの素材として使う人が出てきそうです。
最近は立体出力でわりと簡単に独自の部品が作れますし。

イラストレーターには便利な部分もあるかと思います。

だが俺の主な部分は映像。3Dメインの人間なので、そっち方面での感想も。

ひとつ気をつけたいのはモーションキャプチャーができないこと。確かに人形を動かせば
画面上のキャラクターも動く。でもその動きを記録することができません。
ポーズを決めてキーフレームを打つ必要があります。
ネットで検索してるとモーションキャプチャーとして期待してる人が案外いるので、
その点だけは注意です。

とりあえず3dsmaxのプラグインがあるのでそれを入れてテスト。bipedを動かすことができました。
手足の動きは人形と同じ。胴体の回転も認識します。移動はなし。要するに重心移動はできません。
アニメ用途には向きません。どう考えても最初から3Dソフトでやったほうが早いです。
MMDやposerとかでもアニメ用の機能があることですし。

付属ソフトとしてはCLIP ACTION Lab 0.1.0というのがついてきます。まだバージョンが0.1
なのでさすがに現段階でツールとして未完成です。
落ちたりはしなかったけど、もう少し機能を追加してほしい。
ポーズをコピー ペースト ポーズの反転などは必須かと思います。
細かいところだとキーをまとめて削除したい。新規作成にあたる機能がないため、
やり直すときはキーを削除する必要があるけど、ひとつずつ削除しなければなりません。
まあ再起動のほうが早いか。

このあたりはいずれバージョンが上がったら実装してほしいですね。

あと余談にはなるけど、アプリの3Dキャラは自作のものも利用可能。
ボーンの仕様が決まってはいるけど、それに合わせて作れば
CLIP ACTION Labで動かすことが出来ます。

qumalionは2Dユーザーとしては意味があるでしょう。
7万近い額を出せるのなら試してみるのもいいのではないでしょうか。
そんな感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。