スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利なフリープラグイン

3dsMaxの特徴のひとつとして、膨大なプラグイン、スクリプトがあります。
VrayやFumeFXなどの高価で非常に強力なものもありますが、
一方でフリーで使えるちょっとした小物プラグインも多数あります。
それらをいくつか挙げてみます。

scene2MaterialEditor
マテリアルエディタのスロットを全てクリアしてからシーンマテリアルをマテリアルエディタにロードします。
オブジェクトにマテリアルを設定しても、そのオブジェクトを消してしまったり、
あとから合成でオブジェクトを追加したりしていくと、どんなマテリアルがあるか分かりにくくなるので、
一気に整理するためにこれを使います。まあ最大24個までしかマテリアルを表示できないMaxの仕様のせい
なんですけどね。LightWaveなんかは全マテリアルが一覧になって便利なのに。

ColorCorrect
マテリアルエディタ上でテクスチャーの色を変更できます。例えば一枚の板に木のテクスチャーを貼るとします。
それの板を10枚、全部色違いが必要だとすると、色を変えたテクスチャーを10枚用意する必要があります。
このプラグインを使うと1枚だけテクスチャーを用意しておけば、あとはMax上で色を変えてしまうことができます。

extended timeline
アニメーション範囲の変更、タイムスライダの移動などを行うスクリプト。
これは標準機能にしてもいいものだと思う。長めのモーションを作ることが多いので、
実に重宝してます。
timeline

Quadrangulate
三角ポリゴンを四角ポリゴンに変換するスクリプト。
結構使う機会があるけど、あんまり失敗した覚えが無い優秀なスクリプトです。

このあたりは標準機能に近い形でしょっちゅう使うものです。
ここからはちょっと用途が限定されるもの。

gw::Ivy
オブジェクトに蔦を這わせるプラグイン。そういうソフトがあるんですが、それのMaxプラグイン版。
Ivy
こんな感じ。使い方も簡単だし、なかなかいいです。

Greeble
オブジェクトに機械のパネル的なでこぼこを作るプラグイン。
3D StudioMaxR2.5のころに出た参考書に付属してたものですが、
いつの間にかフリーになってた。メカ物を作るときに便利です。
Greeble

Houdini Ocean Toolkit
海面を作るプラグイン。
Houdini Ocean Toolkit
まあ難しいのはマテリアル設定のほうなんだけど。

HDRdomelight
スカイライトを作り出すスクリプト。
昔は空を表現するために対象物の周りにライトをばら撒くようなことをしてましたが、
これはそれを自動で行ってくれるもの。さらに使用したテクスチャーに合せてライトの
色も設定してくれるから、手軽に環境光を作れました。
昔は重宝してたんだけど、ハードとソフトの進歩で使わなくなったな。
マシンスペックが低い人には便利かも。ただ、2012で使ったら影が出なかった。

以上、うちでよく使うフリー物でした。

Extended Timelineはここ、

それ以外はハルシノのプラグインページから飛んでみてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。