スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPU割り当ての話。

 最近のパソコンのCPUはマルチコアが当たり前になってます。
2コアとか4コアとか。要するにひとつのCPUの中にさらに複数のCPUがあるわけです。
そうすると、複数のアプリを動かしても処理が遅くならないとか、ひとつのアプリを
4コア全部使って高速で処理するとかできます。このあたりはパソコンの一般常識として
ぐぐってみてください。ハイパースレッディングとかも合わせて。

 うちではメインのアプリが3dsmaxになります。maxは一応マルチコア前提で作られているアプリですので、
レンダリングのときなんかはこんな感じになります。
使用率100パーセント

ところがすべての処理が使用率100%になるわけではありません。
たとえばここで時々書いた布地シミュレーション。これだと1コアしか使いません。
で、この画像だと三人のキャラがいて、それぞれ布地の服を着ています(ツインテールはさらに別計算)。
三人の服
それぞれ別シーンで作っているので、max4つ立ち上げて別々に計算させれば
4つの布地シミュレーションを同時に計算できます。・・・と思ったのです。
しかしながら実際には4つで20~30%程度しか使ってくれないんですよね。
3dsmaxのプロセスが4つ立ち上がって、それぞれ15%使ってくれると思ってたんですが。

そういうときに使うのがこれ。前置きが長くなったけど、「関係の設定」。
手動でのCPUコアの振り分けです。

Alt+Ctrl+Delでタスクマネージャーが出てきます。ここにプロセス一覧がでるので、
目的のアプリのプロセスを選び右クリック。以下のようなメニューが出てきます。
この中の関係の設定を選びます。
関係の設定

出てきたのがこれ。これのチェックボックスの設定でコアを割り振ります。
コア割り当て

こうして4つのmaxにそれぞれ別のコアを二個ずつ割り振ります。
布地は基本的に1コア使いますが、時々使用率が18%とか出るので一応2コア割り当ててます。
そうすると通常時にmax4つで20~30%程度だったのが、60~70%くらいまで上がります。
稼働率が上がるのでちょっとお得です。
メリットがある場面も限られますけど、知っておくと便利なときがあるかも。
同じく1コアしか使わないpencil+やliquid+なんかのレンダリング時でも使えます。

おかげでスーパーストリートファイター4AEをいつでも対戦できるようになりました。
スト4って1コアしか使わないけど、レンダリング中なんかだと処理落ちが発生して
対戦できなかったんですよね。スト4の優先度を上げてMax下げても。
それが割り振りのおかげでいつでも対戦可能に!
3dsmax7コア、スト4に1コアです。大体は余裕を見てスト4に2コア割り振るけど。
ほぼ毎日対戦しててこの間BPが3700まで上がった。またすぐ3000まで下がったが。
どうでもいいか。

注意点は割り振ったことを忘れないこと。布地が終わったのでちょっとべつのレンダリング
しようとしたときに2コアしか割り振ってなかったりするとがっかりです。
なお、この設定をしても、新規で立ち上がるmaxは「すべてのプロセッサ」にチェックが入った状態になってます。

ちょっとした小技でした。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

start コマンドでコア割り当てや優先度を設定したりできるので、batファイルを複数作っておくと幸せになれるかも?
zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。