スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格闘ゲームのキャラ作ってみた

自分の趣味と学校の課題を兼ねて格闘ゲームのキャラを作り出しました。
3D科にはキャラ制作とモーションの練習、プログラム科にはゲームそのものの作成、
声優科にはキャラの声の課題と、一石四鳥くらいを狙ってはじめてみました。
まあ実際にやるかどうかわからんけど。

とりあえずはサンプルを用意して、プログラムの先生に渡したんですが、
せっかくグラフィック作ったんだし自分で動かしてみたいじゃないですか。
たしか2D格闘ゲームツクールがあったはず、と思って調べてみたらすでに販売終了。
後継ソフトもないようでがっかり。

かわりに見つけたのがmugenという2D格闘ゲーム用のツールでした。
詳細は以下を参考にしてください。

mugen ニコニコ大百科

そしてできたのがこれ。音はないです。
[広告] VPS


モデルに動きつけてレンダリング。できたものをトリミングや減色してmugenに持っていく。
そしてこの一連の画像は大パンチ、こっちのはキック、みたいに割り振ります。
この画像は何フレーム表示するか、どこに当り判定をつけるか、なども設定します。
このあたりはまたいずれ書いてみようかなとは思います。

これが結構難しい。
ぬるぬる動かしたいし、それだけのコマもあるんですが、それを全部表示させると発生が遅い技に
なってしまう。まともに攻撃できません。
それでどこを削るか、とか考えていくとこれがなかなか大変です。

余談ですが、
通常のアニメって手書きが多く、さすがに1秒30枚とか描いてられないので本当に必要な部分のみ
描きます。アニメーターはこの必要な部分の見極めが上手なんでしょうね。
迫力のある動きなんだけど、コマ数にしたら意外と少ないとか。職人芸や。

その他、コマンドや発生条件(空中時のみなど)、さらにはCpu戦用のAIなんかも設定しますが、
そこまではわからんのでパス。サンプルキャラのデータを置き換えるだけにします。
グラフィック以外のところはわからんことだらけでいろいろ挙動不審ですが、これだけ動けば十分です。
リアルタイムで動かせるのはなんか新鮮。満足。
3DだとEF-12とかあるけど、ツールが3dsmaxに対応してないし、難易度がさらに高いみたいだから
ちょっとパスかなあ。興味あるけど。

mugenは家でちょこちょこ作っていくべ。
いずれ声とエフェクトがついたらニコ動用に一本動画作ってみるかな、とか思ってますが、
それは先の話。しばらくはSF大会関係の動画作るなり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。