FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PhoenixFDtest3

 ひと段落着いたので久しぶりにPhoenixFDをいじってみました。
PhoenixFDはいわゆるフルイドシミュレーション。炎と煙を主に表現するソフトなんですが、
実は液体も表現できるとのこと。火の温度をいろいろ設定できるわけですが、
液体=発火点に達していない燃料という考え方をするので、温度を下げていけば液体の表現が
できるのです。ということなのでやってみました。

[広告] VPS


・・・。まあ液体ではあるかなあ・・・。現状、水ソフトじゃないからこんなものかなという気もします。
細かい設定項目もないし・・・。今後、リキッドエクステンションという追加機能も開発されるとのこと
なので、そうなったときはちゃんと水になってくれればいいですね。

Vrayは1.09で使い始めてVer1.5SP5までかなり機能の追加がありましたが、一度もバージョンアップ料が
かかっていません。PhoenixFDもそうなればありがたいですね。

PhoenixFD2

[広告] VPS


さらにPhoenixFDテスト中。家に関してはGIで計算してみた。
炎が光源になるのがいいですね。計算時間に関しては特に遅いとは思わなかったです。
まだまだパラメーターは分からないことだらけなので、使いこなせるようになるのは
もう少しかかりそうです。ただ、案外パラメーターが少ない。そこまで難しくはないかもしれません。
ただ、マニュアルは英語しかないわけですが、翻訳できてもいまいち意味が分からない。
しょうがないからとりあえず数値を変えて計算してみるけど、どこが変わったか分かりにくい。
困ったものです。火を小さくする方法が知りたいですね。家とか火のスケールが大きすぎるから・・・。

CPU使用率も高くなりません。全部使ってほしいなあ。

PhoenixFD

さっそく注文。さっそく届いた。さっそく燃やしてみた。
[広告] VPS


グリッドベースなのでまずグリッドを作成。
その中にPhoenixSourceヘルパーを作成。
グリッド内に適当なオブジェクトを作成して、PhoenixSourceを適用する。
あとはグリッドのStartボタンを押せばすぐ燃えた。

計算中のCPU使用率がちょっと低いかな?30%くらい。ひょっとしたらHDDがネックになってるのかも。
グリッドベースのソフトはシミュレーション結果を1フレームごとに別ファイルに書き出していきますが、
ここまで簡単な計算だと一瞬で終わって、その後HDDへの書き込みが終わるまで計算をとめることに
なるので結果的に30%しか使ってないことになるのだろうか。
まだ重たい計算のさせ方が分からないから不明です。

CPUは100%使ってくれないと悲しいです。
zozi
主にニコ動に動画をアップしてます。

zozi

Author:zozi
通称厳島神社の人のページです。広島で映像制作をしてます。CG関係のことをいろいろ挑戦していこうと思います。

挑戦した結果がここ。
ニコ動マイリスト
youtube
Pixiv
あとツイッター。zozi009

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。